09.11.2015

News from
(1) Dreifachkatastrophe Fukushima in 2011, bes. AKW & Radioaktivität und
(2) Untergang der Fähre SEWOL am 16.04.2014 mit 304 meist Kindern an Bord

Evacuate Fukushima 福島の子供を守れ
9. November 2015 

Our exclusive interview with Tomioka's Ken Sakamoto 坂本健 ;

迫り来る東京オリンピックにむけ、福島原発事故も含め、2011年の東北地方のトリプル災害から日本が完全に復興したと世界に示すために、安倍晋三と地方自治体政府は、何千人という避難者に帰還の時期がきたと明言しました。日本政府によると、除染作業が十分に行われた結果、汚染された土地に帰還することに安全上の問題はないということです。しかし、多くの避難者は地方自治体政府による、このプロパガンダ戦略にのらず、当然のことながら、帰還に二の足を踏んでいます。帰還を促進させるために、政府は2018年には大多数の避難者の住宅支援と賠償を打ち切るという強硬な手段に訴えています。

In the light of the upcoming Tokyo Olympics and its bid to show the world that Japan has fully recovered from the triple disaster that hit Tohoku in 2011, including the ongoing nuclear crisis in Fukushima and beyond, Shinzo Abe and local governments have made it clear to tens of thousands of evacuees that it is time to go home. Japan claims that sufficient decontamination work has been concluded to return evacuees safely to their contaminated land. But most aren’t buying into the many propaganda tactics by local governments and are reticent to go back, rightfully so. In order to speed up the return process, the government has adopted drastic measures, such as cutting all housing subsidies and other compensations to most evacuees, by year 2018, forcing evacuees to return.

日本のメディアは殆ど伝えていませんが、福島では帰還政策に対して、住民の広汎な抵抗が起こり、多くの市民が激しい、献身的な 団体やNPOを結成し、こうした圧力をかけてきている改革に対して闘っています。その最も献身的なリーダーの一人が坂本建さんです。私はSNSを通して、またEvacuate Fukushima「福島の子供を守れ」のメンバーで私の大事な友人であるYukiko Youngの紹介で、坂本さんと知り合うという幸運に恵まれました。坂本さんは信じがたい人物で全身全霊、福島の子供と居住者の生命を守る闘争に捧げておられます。

Though poorly reported by the Japanese media, Fukushima has experienced an increasing resistance from residents on this issue and numerous citizens have organized into fierce and dedicated groups and NPOs to fight against these pressuring reforms. One of their most dedicated leader is Ken Sakamoto, which I have had the privilege to meet via social Networks and introduced to me by my dear friend and member of Evacuate Fukushima 福島の子供を守れ; Yukiko Young. Sakamoto san is an incredible human being and is fighting, body and soul, to protect the lives of children and residents in Fukushima.

坂本さんは私たちのインタビューを受けることを了承してくださり、私たちはインタビューの結果をできるだけ広く拡散、シェアすることを約束しました。今までメディアが本気を入れずにやってきたよりも、うんと広汎に情報が拡散されることを期待しています。私たちは皆な、福島の忘れられた声を世界に伝えるプラットフォームです。ですので、みなさん、このインタビューを読んで、広くシェアすることで、ぜひ坂本さんと何千という犠牲者をサポートしてください。インタビューの終わりに寄付のためのリンクがあります。こちらに寄付することで犠牲者を直接支援することができます。多くの人がどうやって寄付を通して支援できるだろうかという質問を寄せてくださいました。こちらにその回答があります!

Sakamoto san has accepted to interview with us and we have promised to him to SHARE the voices of Fukushima – otherwise silenced by an unwilling media body. So please, support him and the thousands of victims by reading this interview and to share aplenty. At the end of this, you will find links wherein you may donate money that will directly come in help of these victims. Many people have asked me how they could help in terms of donation, this is it!

Yukiko Young、あなたのおかげでこの企画が実現しました。素晴らしい仲介者でいてくれたこと、そして翻訳、あなたの献身、日常にしてくれているすべてのことに対して、そしてなかでもあなたの友情に対して感謝します。
フランス語に訳し、このインタビューのフランス語版をブログ Nos Voisins Lointains 311に出してくれた杉田くるみさんにも感謝します。このブログは福島に関するフランス語のブログのなかでは個人的に僕の一番のお気に入りです。
そして、 Translate Fukushima グループの素晴らしいスサンネ草薙にも感謝です。彼女は献身的に福島の件に関わっておられ、インタビューを光の速度でドイツ語に訳してくれました。
みなさん、シェアしてくださって心からありがとうございます。みなさんが健やかであられますように。

Thank you Yukiko Young for making this possible, for being a great medium, for your translation, your devotion, for all you do on a daily basis and specially for your friendship.
Equally, I want to thank Kurumi Sugita who was of tremendous help translating all this to French and is featuring this French version of this interview on my personal favorite Fukushima related French blog Nos Voisins Lointains 311.

I also want to thank wonderful スサンネ草薙 of the group Translate Fukushima, who is so devoted to the cause and translated this at light speed in German.
Thank you from the bottom of our heart for sharing and hope this finds you all well.
Nelson & Yukiko @ Evacuate Fukushima 福島の子供を守れ
http://www.evacuate-fukushima.com/…/ken-sakamoto-protectin…/

坂本健 – 福島原発事故の避難慰謝料 Ken Sakamoto – Protecting Housing Subsidies for Evacuees
迫り来る東京オリンピックにむけ、福島原発事故も含め、2011年の東北地方のトリプル災害から日本が完全に復興したと世界に示すために、安倍晋三と地方自治体政…
EVACUATE-FUKUSHIMA.COM



Please, read these, too:

1. Protecting Housing

2. Petition of a Mother













Video: F. Enns

Evang. Landeskirche in Baden: Arbeitsstelle Frieden 
Voice for peace Nr. 6: Friedensfragen 
"Können wir unsere christliche Ethik bei Konflikten mit anderen Religionen zugrunde legen?" Diese Frage beantwortet Prof. Dr. Fernando Enns, Leiter der Arbeitsstelle „Theologie der Friedenskirchen“ Universität Hamburg & Vorstandsmitglied der DOAM. Link: 
https://youtu.be/_Js4f3seossVoices for Peace: Friedensfragen | Prof. Dr. Fernando Enns #1| Frage an Prof. Dr. Fernando Enns, Leiter der Arbeitsstelle „Theologie der Friedenskirchen“
YOUTUBE.COM